人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 26日

残った、残った!


やっぱり、厳しい世界である。

完全なる競争社会であるから
勝てないものは、去るしかない。

脚光も浴びず、注目もされず
ほとんどの人々の記憶にさえ残らない。

残るためには、勝つしかない。
ある意味、生死をかけているともいえる。




ヴァリュービジョン号 3歳牡馬

未勝利のため、中央競馬から登録抹消された!
(9月14日抹消)

この馬は、当歳(0歳)時に特別先行募集された馬である。
オイラが、「東スポ」の一口馬主権利プレゼントで当てた馬だ。
(よく当たる、なぜか! それは、不景気のせいですよ!!!)

当歳時から写真や成長のレポートなどを
見たり読んだりしていたので、思い入れがある。

しかも、この馬は順調ではなかった。

皮膚病にかかって、たてがみを切られたり、シッポを短くされた。
(治療のためだが、ちょっと情けない姿になった)

足が弱く、骨瘤などに悩まされて思うように調教ができなかった。

足への負担を考えて、プール調教を取り入れようとしたら、
暴れて、プールの縁に強打して、歯を根元から折ってしまった。
そして、前歯無しになってしまった。
(全歯ではないので、飼い葉は食べられた!?)

骨瘤が治まったら、軽い剥離骨折をしてしまった。

このように、ずっとアクシデント続きで
デビューできずにいた。
(その間、心配させられた、ヤキモキさせられた。
 足が弱いのは納得できるが、歯が無くなるって!?
 そこが、何とも言えず可愛いではないか!)

そうこうしているうちに
時間だけは過ぎていく。


しかし、もう時間がない!

3歳の秋までに勝ち上がらないと
出走できるレースがなくなるのだ。

だからだろう、万全な調教ができないまま(?)
8月11日(土)に3歳未勝利戦に初出走した。

結果は、18頭中15着。


時間がないので、出走させたいのだが
出走希望馬が多く、また自身も優先出走権を取れていないので
レースにさえ出ることができない。

そして、ラストチャンス。
俗に言う「スーパー未勝利戦」へ。

勝てば、中央に残れるが
負ければ、あとがない!
一発勝負のラストラン!!!


9月8日(土)3歳未勝利戦へ。

がんばったのだが、結果は16頭中7着。

そして、中央での戦いは終わった。
(2戦0勝)



父:マンハッタンカフェ
母:ヴァリュー(母父:ビロングトゥミー)

ヴァリュービジョンの血統である。
そこそこ走りそうな馬だと思っていたのだが・・・。

足がもう少し丈夫だったら・・・。
そして、万全な調教をした上で勝てなかったのなら・・・。

「もし」がないのはわかっているが、なんとも残念だ。



しかし、残った! 残った!!!
もう一度チャンスをもらえた。

地方競馬(佐賀競馬)へ転籍となるとのこと。
地方で勝ち上がれば、中央へ戻って来られる!


中央へ戻って来られたら、「再ファンド制度」適用だから
もう一度、ヴァリュービジョン号の一口馬主に、
オイラは、なる!!!


関係者の皆さま、チャンスをくれて
ありがとう!



なんだか、
オイラを含めて、人間の世界の方が
ある意味、甘いかもね!?

・ ・・・でも・・・やっぱり、厳しい・・・か!?


がんばるしかないかな。




当歳時のヴァリュービジョン。子どもっぽいでしょ。
a0206939_2337297.jpg


デビューを前に、調教に励むヴァリュービジョン。大きくなったなと。
a0206939_23374963.jpg


写真提供:2点とも(株)ユニオンオーナーズクラブ

by sdkmi | 2012-09-26 23:53
2012年 09月 10日

岩国つづきで、獺祭。


オイラは、見かけによらず(?)、酒が飲めない。
多少、お付き合い程度ならなんとかなるが・・・。
しかし、見た目は「酒好き」で「酒に強い」人物にうつるそうだ。

基本、飲めないのだが、酒を飲む雰囲気は好きだ。
誘われれば、喜んでお付き合い。

愚痴などいわず、楽しく、陽気。
そんな酒の席は、とてもいい!


ちょっとは飲めるので、おいしいという酒は
なぜか、ちょっと気になる。
(でも、得意分野ではないので)


そんなオイラが気になっていたのが
日本酒の「獺祭」だ。

なんか、話題になっていると耳にした。
しかし、酒屋( or リカーコーナー)や飲食店などのお店で
「獺祭」を見ることがなかった。


そんな折、知り合いと飲みに行った時に
入った店に「獺祭」の文字が!

店員さんに「獺祭あるの?」と聞くと
「いま、なくなってしまって注文しているところです」との答え。

その2週間後に、同じ店に行って
「獺祭は入った?」と聞くと
「人気なので、なかなか入ってこないんです。すみません」との答え。

そうなると、単純に飲みたくなってしまう。


ロンブーの淳やエヴァンゲリオンの監督・庵野秀明などの
山口県出身の有名人が絶賛したり、
インターネット販売で、日本酒部門1位になったりと
「獺祭」の話題が耳に届いていた。



そして、先日の岩国取材。

「獺祭」は、岩国の酒である。

下戸ともいえるオイラが
迷わず「獺祭」を買ってきた。
(あ〜、まんまと踊らされている?!)



そして、普段から世話になっている
日本酒好きな夫婦に1本プレゼント。
「あっ、知ってる。「獺祭」は有名だからね。うれしいな」と。


ところで、「獺祭」を「だっさい」と読める?
一応、ルビがあったり、ローマ字があるので読めるけど
「獺(かわうそ)」と「祭」だよ。
いわれは、もちろんあるのだが、読めん!!!



ということで、下戸の部類で、日本酒の味も
イマイチよくわからんオイラが、今夜、「獺祭」を!
(さすがに「がんす」では飲まない。ほかのつまみを)


日本酒好きの人からしたら、美味しいのだろうか?
もちろん、それぞれ個人の好みもあるだろうし。



インターネットで、いろいろな情報が入ってきて
買うこともできる、この時代。
地酒は、日本各地にあって、数も多いから
本当の日本酒愛好家の方々は、大変だな、と
余計な心配をしてしまう。


知らなければ、それで済むけど
知ってしまうと・・・・・・・、ね!!!







岩国の地酒「獺祭」
a0206939_1111411.jpg


by sdkmi | 2012-09-10 11:16
2012年 09月 08日

がんすでがんす


先日、仕事で山口県岩国市へ行った。
初「岩国」というか、初「山口」でもある。

残念ながら、岩国空港の開港は今年の12月予定。
(正式名称は「岩国錦帯橋空港」)
そこで、新幹線で広島まで約4時間。
広島から岩国まで、山陽本線で約50分。
片道合計約5時間。往復で約10時間の旅である。

で、仕事は岩国での取材と簡単な撮影で
1時間半から2時間というところ。

そんな中で、せっかくの岩国だから・・・。
(オスプレイではなく・・・いらん!)
そう、錦帯橋。
日本を代表する木造橋であり、国指定の名勝だ。

岩国駅から思ったより遠くないので
錦帯橋ぐらい見ていかないと、と足を伸ばした。

錦帯橋と近くの山の上にある岩国城も見たが
桜の季節がとても美しいとのことだ。
機会があれば、ぜひ桜をバックにした
錦帯橋が見られる季節にまた訪れたいなどと・・・。


仕事をいただいたおかげで、岩国に来られたわけで
それは、とてもありがたい。
生「錦帯橋」も見ることができた。

このきっかけがなければ、オイラの人生で
錦帯橋を見ることはなかったかもしれない。


きっかけをもらったら、逃さない!?



そんなことを思いながら(?)、広島へ。

新幹線に乗るまで時間があったので、お土産屋に入った。

そこに、あったの「がんす」。

「がんす」って、何?

オイラは、東京生まれの東京育ち。
さらに、3代以上続く江戸っ子である。
(ただの、東京土着の田舎者ということであるが!?)

「がんす」は、知らないモノであり、初めて見たモノである。
しかし、駄菓子感覚というか、懐かしさというか
非常に、惹かれるものがあった。

そこで、購入。

魚のすり身に、パン粉をつけて揚げたものだそうだ。
さつまあげのような、コロッケのような・・・モノ?

そのまま食べてもよし、
オーブントースターやフライパンで焼いて食べると
パン粉のサクサク感が戻り、美味しさが増すらしい。

食べたら、懐かしい感じで、なかなか美味しい!!!

がんすは、広島のモノらしい。
周辺の山陽・山陰の出身の人には、懐かしい食べ物かもね。


世の中には、やはり知らないコトや知らないモノが
いっぱいある。



オイラには無縁といえる三ツ星レストランのグルメもいいが
日本各地の(仕組まれてない)昔ながらの
A級・B級・C級・D級・・・グルメ(?)などがいいと思う。


そういえば、20数年前に島根県出身の人に
「あごちくわ(=野焼き)」を食べさせてもらったことがある。
あごは、トビウオのこと。
関東のちくわと違って、また格別な味わいで、
好きになったことを思い出した。



あと、いくつ、出会えるのだろうか?



錦帯橋と山の上の岩国城
a0206939_15261950.jpg


これが「がんす」でがんす!
a0206939_15264541.jpg


by sdkmi | 2012-09-08 15:32
2012年 09月 06日

ボケのはじまりか!? 〜ところで、字幕派? 吹き替え派?〜


ちょっと前の出来事なのだが・・・。

久々に映画を観に行こうということになった。
家を出てちょっと歩きはじめた時に、
オイラのパートナー様が
「眼鏡持った?」と聞いてきた。

そう、乱視に老眼が加わって、字幕が見えにくくなっている。
迷わず、眼鏡を取りに家に戻った。
階段を昇り、眼鏡を持ってきた。

そして、映画館へ!
暗くなって、予告編がはじまった。
眼鏡をかけて、「よし、よく見える」と納得。

しかし・・・。ここで気がついた。
パートナー様に、まんまと騙されたのだ!

これから観る映画は、邦画。
洋画じゃないから字幕なんか、ねぇじゃないか!!!!!!!

息を切らし、階段を昇り、取ってきた眼鏡。
なくても、観れる邦画だぜ。

騙されたというより、気がつかない方が問題だ!
オイラも、すっかりボケじじいだ!!!



しかし、これには原因らしきモノがある。

映画を観に行く数日前に、
仕事関係の人たちと飲んでいた。
その時に、
「最近の映画館は、吹き替えの方が客が入るらしい」
という話になった。

アニメや子供向けの洋画ならわかるが
大人が観る普通の洋画も吹き替えとは・・・。

やはり、その俳優さんや女優さんの声や間、発声、トーンなども
演技のひとつというか、作品だと思う。
それを、吹き替えているモノを好んで観るとは。
オイラには、考えられない。

しかし、最近の若い人は
「字幕を読んでいると、シーンを見逃し
 画面を観てると、字幕を見逃し、ストーリーがわからなくなるので
 ラクな吹き替え版の方を観る」という話を聞いた。

それで、いいのか!?

ラクとか、面倒とかを、基準にしてはいけない(こともある)。
作品に手を加えたものを無条件に受け入れてはいけない(はず)。

やはり、洋画は字幕だろ!!!

オヤジのオイラは、そう思うのだった。

その話が、とっても印象的で頭に残っていたために
映画=字幕。そう、見えないオイラは、眼鏡。
このような図式ができあがっていたので
邦画・洋画ではなく、
映画=眼鏡という頭になってしまったらしい。


あぁ、でもボケている。

このオイラのボケ話を
パートナー様は、喜んであちこちで話している。


まぁ、そこそこ受ける話になっているらしいので
許しているが・・・。


(実は、この話以外にも“ボケ話”は、どんどん増えている。
 残念だが、ボケてきているのは事実かもしれない)

by sdkmi | 2012-09-06 14:13
2012年 09月 04日

一口馬主、初勝利!

お金がないくせに、なぜか「一口馬主」をやっているオイラ。
お仕事は・・・。
(そんなことは、おいといて・・・。
 いろいろとお世話になっている方々には感謝、感謝)

なんと先日
「一口馬主」生活で、念願の初勝利。

「一口馬主の権利」プレゼントに当たって
調子こいて、はじめたものの
脚が弱くて、骨折のため、未勝利のまま引退した馬が2頭。
「やはり、馬は・・・」と諦めようとも思ったが
未勝利のままでは、引き下がれん!! と腹をくくり
馬主生活の続行を決意!!?
『一度でいいから、優勝馬の快感を味わいたい!』

そんなオイラの思いを叶えてくれたのが
アースゼウス。
(名前が凄すぎる!? 良いような、悪いような?)

米国産の外国馬。
血統的にも、バリバリのアメリカンなのでダート。
距離は、短距離があっている。
骨太で、筋肉も隆々とした立派なカラダをしている牡馬である。

デビューは、8月18日(土)。
新潟6レース、ダート1200mメイクデビュー(2歳新馬戦)。
しかし、パドックではカラダが緩く見える。
外国馬だから、検疫があったので絞りきれていないのだろう。

そんなこんなで、結果は惜しくも2着。
あの緩いカラダで、2着とは「これは、走る!」と。

そして、中1週の9月2日(日)。
新潟1レース、ダート1200m未勝利戦。
デビュー戦に続き、内田博幸騎手が騎乗だ。
(ウチパクさんが新馬に続いての騎乗なので
 それなりに可能性がある馬だと思いたい!)

今回は、馬体重が6kg増えて、506kg。
なのに、新馬戦と比べるとカラダが絞れている。
「これなら、いける」

最初、単勝1番人気だったのに、ズルズルと後退して3番人気に。
「なぜ? 勝つのはアースゼウスだよ! いいの?」
「でも、かえってラッキー」と単勝馬券を握りしめているオイラ。

スタートからすんなり先頭に立って、すいすいと走っているゼウス。
直線では、少しだけ詰め寄られたがスピードの違いで楽勝!
最後は、流して5馬身差でゴ〜〜〜ル!!!

「ヤァリィ〜〜〜!!! どんなもんだい!」と
場外馬券場で叫んでいるオイラだった。

この先も、夢が膨らむアースゼウス。
しかし、この先、ダート戦は少ないので・・・。
地方交流戦かな。

とにかく、アースゼウスをよろしく!
注目しておくれ。
あと1〜2勝はするかもよ!?
(というか、して欲しい!)


新馬戦が2着で、2戦目が優勝。
しっかりと、自分の飼い葉(エサ)代を稼いでくれて
ありがとう。
金欠「一口馬主」のオイラが頼りないので、
自分のエサは自分で稼ぐ、ありがたいお馬さんである。


さてさて、次はダンスパートナーの2010牝の「ラカ」なのだが
まだ松田博資厩舎に入厩していない。
もう少ししたら、移動するようだ。
オイラにとっては
「夢の持てる馬」なので、こちらも楽しみなのだが
さて、どうなることやら!?


ということで、オイラはオイラのエサ代を稼がなくては。
お仕事、がんばろう!
みなさま、オイラにお仕事を与えて
がんばらせてくださいな。
よろしく、ね。

by sdkmi | 2012-09-04 22:59