人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 28日

人間らしい心とは?




「人間とは、心を動機として行動する生き物である」

「心は歴史の産物である」


心にスポットライトをあてて
「人間とは何か」と、人類史を追う
NHKスペシャルの『ヒューマン なぜ人間になれたのか』の
取材班が書き下ろした本を読んだ。


『ヒューマン なぜヒトは人間になれたのか』である。


いままでのように、考古学や人類学が
メインではない。

その他に、心理学や遺伝子学、経済学、脳科学も加え
さまざまな視点から「人間とは何か」に迫っている。

だから、単純に
「二足歩行」から「言葉を話す」「道具を使う」
「狩猟採取から農耕へ」というものではないところがいい。


4つの章に分かれていて
第1章が、アフリカから旅立つ狩猟採集時代。
第2章が、飛び道具を持ち世界中に広がる時代。
第3章が、農耕時代。
第4章が、都市とお金が生まれた時代。

とにかく、人間の心を追う。


分かち合う心が、欲望へと加速していく。
人類の進化と心の変化が、とても興味深い!


たとえば、
乳幼児は、最初、あらゆるものを口へ入れようとする。
これは、生きるためだ。

次のステップは
「はぁ〜い、これあげる」というように、
ニコニコしながら、自分が持っているモノを差し出し
分かち合おう(分けよう)とする。

この乳幼児の行動は
どの国でも、どの大陸でも、
そう、すべての人間に見られる行動だという。

「分かち合う」「助け合う」ということが
DNAに刻み込まれているらしい。


しかし・・・。

進化とともに、心が・・・。

心があるから、人間なのだが
心があるから、争いが起きる。
環境が破壊される。
格差が生まれる。
不安も生まれる。

幸せを感じられる。
分かち合える。
助け合える。


厄介だけど、素敵でもあるのが「心」だ。

脳の進化とともに、心も変化する。

その「心」を知ることや意識することは
これからの時代に必要なことかもしれない。


テレビ番組を見た人でも、テレビでは放送できなかった
取材話などが含まれていて、面白いと思う。



心について考えるひとつのアプローチとして
とても興味深く、面白いと思った。



そうそう、この本を読んでいて
なぜか、NHKに入りたいと思った。

もう無理だけど、
生まれ変われたら、学生時代にもう少し勉強して
NHKのドキュメンタリー制作部に入りたいと!
ちょっと、思ってしまった。




* 本筋ではなく、枝葉の話としてちょっと書かれていたのだが
アボリジニが「スポーツハンティング」の対象として
入植者によって、銃で大量に殺されたという一文があり、
なんなのかと・・・。
強制移住や隔離、差別だけではなかったのかと。
まぁ、この時代の先住民族はね。




「心は化石として残るものではなく知ることは難しい」としながらも、その心に迫っている!
a0206939_23594937.jpg


by sdkmi | 2012-11-28 00:04
2012年 11月 25日

東京スカイツリーと東京タワー



久しぶりに撮影の立ち会いをした。
その撮影スタジオから東京タワーが見えるというので
絶景ポジションという場所から見せてもらった。

おぉ、真っ正面にドォ〜ンと東京タワーが!



私は、葛飾で生まれて、育った。
葛飾といえば、柴又。
寅さんである。
(しかし、残念ながら私は柴又ではない。
 葛飾の人は、本当に柴又でない限り
 「柴又のそば」とかいって、柴又とは言わない。
 たまに、柴又と言い張るヤツもいるが・・・)

しかし、渥美清さんが亡くなって
映画『男はつらいよ』シリーズが終わってしまい
柴又や帝釈天などの存在が薄れてきた時に
東京スカイツリーができることに!


下町に、世界一のランドマークができる!!!


建設がはじまって、だんだん高くなってくるスカイツリーを
眺めながら、毎日ワクワクしていた。


隅田川のコッチに、できる!!!
隅田川の、アッチではないぞ!!!!!


とても楽しみだった。そして、うれしかった。


しかし、できあがってみると・・・。

なんか、冷めてしまった。


そんなわけと、前回の東京ばな奈で書いたように
行列に並ぶのが嫌いなので、スカイツリーには登っていない。



そんなとき、仕事で芝公園方面に行った。

そこには、東京タワーが!

「カッコいい!」


なぜか、スカイツリーより
東京タワーの方が、カッコ良く思えた。

なぜだろう?

やはり、昭和世代だから!?



あなたは、「東京タワー」と「東京スカイツリー」
どちらが好きですか?





午前中の東京タワー。曇りでちょっと残念だが、カッコいいと思う。
a0206939_2223013.jpg



夜の東京タワー。そう、撮影は朝早くから夜遅くまで続いたのだった。
a0206939_2224954.jpg


by sdkmi | 2012-11-25 22:09
2012年 11月 14日

東京土産



東京のお土産というと、
昔は、浅草の「雷おこし」だった。

そして、「銘菓ひよこ」。
(福岡の銘菓なのに、なぜか「東京土産」)

次は、お菓子のホームラン王でおなじみの「ナボナ」。
(このフレーズで、完全に年齢層がバレる!)


そして、いまや、いろいろなお菓子が目白押しとなっていて、
東京駅や羽田空港などで、いろいろなお土産が売られている。


ところが、私は東京生まれで、東京育ちなもので
東京土産を買ったことがない。
父親は東京出身だし、母親も関東出身。
だから、親戚も東京と関東周辺に住んでいるので
東京のお菓子は、たぶん珍しくはないだろうと・・・。

食べたことがあるのも「雷おこし」と「ひよこ」ぐらいだ。


そんな私が「東京ばな奈」をもらった。
しかも、東京スカイツリー(ソラマチ)においての限定発売である
『東京ばな奈ツリー チョコバナナ味(見いつけたっ)』であった。

これがかわいい。
「ヒョウ柄」である!

アニマルシリーズとして展開しているひとつである。

「キリン柄」は、大丸東京で売られていた。
実は、東京駅が改装されて、いろいろなお店などが入ったということで
東京駅に遊びに行ったときに「キリン柄」商品を見た。
そのとき、店員さんに「スカイツリーなら、ヒョウ柄ですよ」と
教えてもらった。
(このときも、買っていない)

そして、「とらねこ柄」が新発売されたらしい。
これは、東京タワーなどで売られているとのこと。


そんなわけで、オリジナルの『東京ばな奈』を
食べたことがない私が
初めて口にしたのは「ヒョウ柄」だった。



この戦略。
* 販売場所ごとに分けた「限定品」
* アニマル柄の「遊びゴコロ」
* 味の違いによる「バリエーション」
なるほどね。


競争に勝つために、いろいろと展開を考えているわけですね。
民間企業は、偉いですね!!!



そういえば、東京スカイツリー。
もう、空いてきたのでしょうか?

私は、待つことや行列に並ぶのが大嫌い!
だから、まだ、スカイツリーには行っていない。

下町だから、クルマですぐそばを通ったり
押上駅で乗り換えたりしているのに、だ!
それに、毎日、いろいろなところからスカイツリーが見えている。


たぶん、私がスカイツリー(およびソラマチ)へ行く頃には
「ヒョウ柄」は、違う柄になっていると思う。
あと何年待てば、空くでしょうか?
(あっ、東京タワーへ行けばいいのかな!?)





これが「ヒョウ柄」の『東京ばな奈』。かわいいですよね。
(でも、見方によっては、なにか別のモノに見えたり!?)
a0206939_2219341.jpg


a0206939_22192886.jpg


by sdkmi | 2012-11-14 22:24
2012年 11月 13日

高校と野球と、半村良。



最近、神田神保町や小川町へ仕事やなんやかんやで
行くことが多くなった。

A社からB社へ移動ということもあり、
微妙に時間が余ってしまって、暇つぶしが必要になることがある。

そんな時は、ここは便利だ。
なにせ、本屋街だから。
本屋にぶらっと入って、時間をつぶしている。


出版不況だと聞くが、本屋には
本や雑誌、ムックなどなど、あふれかえっている。
大型書店でも、各階ごとのジャンル別に
これでもかという量の本が並べられ、積み上げられている。
スマホやタブレットが売れているというのに
電子ブックではないのだろうか?

みんな、活字が好きなのだろうか?
(私は、読書家ではないが・・・)


まあ、それはそれとして。

2002年に他界した半村良の
たぶん最新単行本(2010年発行)である
『僕らの青春 下町高校野球部物語』という本を見つけた。

その帯には、宮部みゆきの推薦文がある。
大人のための「青春おとぎばなし」とのことだ。


野球好きで、とくに高校野球が好きな私にとっては
惹かれるタイトルである。

しかも、半村良は私が卒業した高校のOBである。

たぶん、その高校やその街をモデルに
書いたのだろうなということもあり
買って読んでみた。

小説に出てくる高校やその街は、もちろん架空のものであるが
1〜2割は、「あるある。そうそう」と思えるものだったので
少し懐かしかった。
もちろん、半村良と私は年代的に開きがあるので
そのギャップもある。


内容的には、ちょっと疑問である。
コンセプトとしては、わかるような気がするけど
練習もろくにしていない公立進学校の野球部が
地方予選を突破して、甲子園へ。

その前の練習試合で、強豪の社会人野球チームに
「参った!」と言わせてしまうなんて・・・。

野球がメインではなくて、青春時代に対するものや
現状に流されていて、何もできない大人への
メッセージなんだけどね。


半村良の作品としては・・・。

「伝奇SF小説」というジャンルを開拓したり
人情ものの「雨やどり」で直木賞を受賞しており、
その両方ともに、良い作品がたくさんあるのに、ちょっと残念だ。
(SF作家としては、初めて直木賞を受賞したのに受賞対象は
 なぜ、SFではなく人情ものなのか?
 たぶん、現在までSF作品での直木賞受賞はないですよね。
 ちょっと、不思議ではないですか)


個人的には、小説とは関係なく
高校時代のことなどを思い出させてもらったので
懐かしかった。
だから、私は許せる・・・けど。


ちょっと、宮部みゆきの推薦文にも
だまされたかな!?


そうそう、宮部みゆきは私と同い年。
彼女も公立高校で、学区が一緒(当時は学区制)だったから
もしかしたら、同級生になれたかもしれないのだが
残念ながら(?)、高校が違った。
これは、どうでもいいことか!(そうだね!!!)


そういえば、半村良というペンネームは
イーデス・ハンソンからとったと高校生のとき
先生に教えられたが
それは、ガセネタだったらしい。


そして、半村良が高校生の時に授業をサボって
校舎の屋上で寝ていたというカマボコと呼ばれる場所があった。

いまは、校舎が新しく建て直されてしまったので
そのカマボコも、いまはない。


あぁ、人も、建物も、いろいろなモノが
なくなっている。変わっている。


それだけ、永く生きているということか・・・。
いいのだろうか。


a0206939_1319886.jpg
巨匠の隠れた名作、初の単行本化!と帯に書かれている。
興味があったら読んでみて。保証も補償もしませんけどね。

by sdkmi | 2012-11-13 13:30