人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 28日

とんび



なぜか、TBSの日曜劇場「とんび」に
はまってしまった。


正月に、『JIN-仁』の再放送をやっていたので
それを見ていたら、そのときにやたら
この「とんび」のCMが入っていた。

「あぁ、TBSのイチオシなのだろう」と思いつつ
「見てみっか!」となった。


内野聖陽という役者が前から好きだったことと
「JIN-仁」のスタッフがつくるということで
見てしまった。

もう3話になるのだが
恥ずかしながら
毎回、ウルウルしてしまう。


不器用な父と息子の物語ということだが
それだけではない。

父は息子を、息子は父を。
そして、父子をはじめ
みんなが、みんなを思いやっている。
この父子のまわりにいる人たちも
不器用だけど、みんながあたたかい。

とても、うらやましい。


内野もいいが
柄本明が、いい味を出している。
毎回、柄本の台詞がいい!

そして、麻生祐未。
「JIN-仁」の時は、母親役で
こんども、おばさん的な役である。

ちょっと前まで、トレンディ・ドラマに
出ていたのに・・・。
(ちょっとではないんだけど・・・。
 感覚としては、ね)
いい感じの女優さんとして、
時を重ねているのではないだろうか。

時が経つのは、やはり早い。
なるほど、私も歳をとったんだと
実感してしまう。



そこで、このドラマの原作である
重松清・著の『とんび(角川文庫)』を買ってきた。


まだ、読んでないのだが
ちょいと迷ってる。

ドラマが終わってから、読むか。
ドラマとは関係なく、さっそく読むか。



さぁ、どうしよう。

2〜3日考えよう!?

皆さんは、映画やドラマの原作は
読んでから観る? 観てから読む?
それとも、原作は無視?


あなたは、どうしてますか?




原作の『とんび』(重松清・著)は、
角川文庫の「みんなが選んだ 角川文庫 感動する第1位」に選ばれたとのこと。
a0206939_2301069.jpg


by sdkmi | 2013-01-28 23:03
2013年 01月 18日

美化はしないが、知ってて欲しい。



文庫として100万部を超えた13作品目として
注目を集める『永遠の0』(百田尚樹・著)。

映画化も決定している作品なので
知っている人や読んだ人も多いと思う。

第二次世界大戦の、零戦の特攻隊員の話である。

しかし、表紙のイメージや
「妻との約束のために生きて帰る」という
宣伝コピーに使われている引用文から
「ちょっとなぁ〜」と思っていた。


でも、知り合いの方がブログやfacebookで
勧めていた本であったのと
500ページを超えるページ数なので
暇つぶしに最適かと思い、買って読んでみた。
読みはじめたら、引き込まれていった。


ちなみに、私は「右でも、左でも」ない。

ただ、父親が終戦直前の数ヶ月間ほど
軍隊生活を送っていたことがあるため
小さい頃から、戦争や軍隊の話は聞かされていた。
(もちろん、父は志願ではない)

父親は、本土決戦に備えて
東京湾に穴を掘っていたという。

その穴は、特攻兵器である人間魚雷「回天」のモノである。
つまり、自分が特攻するための穴を
自分自身で掘っていたのである。

入隊前には、東京大空襲があり
東京が焼け野原になった。
火災の熱さから逃れるために川に飛び込んだ人々の遺体が
隅田川を埋め尽くし、川面が見えないという光景が
目に焼き付いていると話していた。


そんな影響もあり、戦争や東京裁判に関する小説や
ドキュメンタリーなどは読んでいる方だと思う。


そんなこんなで読んだ『永遠の0』は
小説なのだが、ドキュメンタリーのように
進行していくので、
戦争のこと、特攻のこと、当時の状況などが
わかりやすい。
(私は知っていることが多く、「そう、そう」と読んでいた)

戦闘シーンなど、細かいシチュエーションが違うという
指摘があるということだが、まぁそのあたりはよしとしていいと思う。
ドキュメンタリーではなく、小説だしね。


世界最高水準の戦闘機として世界を驚愕させた零戦。
そして、日本のパイロットの操縦技術と精神力の高さ。
しかし、資源がないことと、人命軽視から弱点があったこと。


なによりも、親兄弟や妻や子どもなど
大切な人、愛する人のために、凛として散っていった人たち。

そう、天皇陛下や国のためではなく
自分の愛する人を守りたいという一心での戦い。

この方たちのことを忘れてはいけないと思う。
美化することはないが、伝えていくべきだと思う。
戦争の悲惨さとともに・・・。


小説としても、よくできていると思う。
ただ、終盤が泣けるとのことだが
私は、最後の章はいらないように思った。

小説というか、エンタメというか
この章がないと成立しないのかもしれないが
私はなぜか、ここで興ざめしてしまった。

そうはいっても、
現在は、120万部を突破しているという。
売れるのも、わかる気がする。




私は「右でも、左でも」ない!

作戦としての特攻は否定するべきだが
特攻で散っていった方たちのことは
知っておいてほしいと思っている。

大切なものを守ろうという心と
その心構えや精神性などの
良い部分だけは!

そこには、現代が置き忘れてきたモノがあると思う。

(実は、不覚にも、読みながら少しだけ泣いてしまった。
 もちろん、最終章の前で)




a0206939_19585466.jpg


by sdkmi | 2013-01-18 20:06