人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 31日

夕暮れのニール・ヤング



夕方、クルマを運転していたら、FMから
「ハート・オブ・ゴールド(HEART OF GOLD:孤独の旅路)」が
流れてきた。


おぉ、ニール・ヤング!
この曲を聴くのは、何十年ぶりだろうか。

1972年の全米No.1アルバム『ハーヴェスト(HARVEST)』に
収録されていた曲で、全米No.1シングルでもある。


そう、私が小学6年生のとき聴いていた曲だ。
その当時は、「ハート・オブ・ゴールド」以外の曲を聴くのが
ちょっとしんどかったアルバムだった。
小学生だからね。

「ハート・オブ・ゴールド」のバック・コーラスには、
ジェームス・テイラーとリンダ・ロンシュタットが
参加している豪華さなんだよね。


無性に聴きたくなったので
CDレンタル屋へ。


アルバム『ハーヴェスト』はもちろん、
『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ(AFTER THE GOLD RUSH)』も
一緒に借りた。



そのつながりで
CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)の
アルバム『デジャ・ヴ(DEJA VU)』も借りた。

1970年の作品で、全米アルバムチャートNo.1。
収録曲の「ウッドストック(WOODSTOCK)」は、
あのウッドストック・フェスティヴァルについて書かれた曲で、
その記録映画『ウッドストック』の主題歌でもある。
映画『小さな恋のメロディ』には、
「ティーチ・ユア・チルドレン(TEACH YOUR CHILDREN)」が使われ、
映画『いちご白書』では、
「ヘルプレス(HELPLESS)」「僕達の家(OUR HOUSE)」が
使用された。
 (『小さな恋のメロディ』では、テーマ曲となっていた
  ビー・ジーズの「メロディ・フェア(MELODY FAIR)」の方が有名で
  日本でも大ヒットした。
  しかし、映画『サタデー・ナイト・フィーバー』の
  「ステイン・アライヴ(STAYIN’ALIVE)」などのディスコサウンドとは
  全く違う頃のビー・ジーズである)



聴きはじめたら、次々といろいろなことが
思い出されてきた。
(間違っているかもしれないけど、それは許して)



いま、オヤジになってしまった年齢で聴くと
やはり、いい!
小学生や中学生では
この良さはわからないのも当然だろうと思う。


私の実家には、アナログのLP盤で
『ハーヴェスト』も、『アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ』も
そして、『デジャ・ヴ』もある。

なんか、懐かしくて、いいなぁ〜と。


そういえば、アメリカ人は金(GOLD:ゴールド)が好きらしい。
一攫千金を夢見た「ゴールド・ラッシュ」。

「ステイ・ゴールド(STAY GOLD)」は、
「いつまでも若々しく、美しく」ということで
「ハート・オブ・ゴールド」は、
「美しい心」と訳すらしい。

「金(ゴールド)」には、
開拓時代の特別な想いがあるのだろう。
古き良き時代のいろいろなモノが
言葉に重ねられているように思う。



ゴールドにも、金(カネ)にも、
縁のない私であり、アメリカ人と違う思いで(たぶん)
ニール・ヤングを聴いている。


夕方には、ハマるんだなぁ〜、これがまた!!!



a0206939_21471650.jpg

by sdkmi | 2013-05-31 21:58
2013年 05月 27日

野球バカ



仕事の資料になりそうな本を探しに
本屋へ行った。

本屋のビジネスコーナーで、参考になりそうな本を
探していたら、ある本に目が止まってしまった。

『野球バカは野球でしかビジネスを考えられない』
〜三田紀房・田尻賢誉 著(KKベストセラーズ発行)〜

甲子園の名将が教える勝てる組織論
ビジネスの答えはグランドに落ちている!
高校野球の名将から学ぶヒューマンスキル!
甲子園歴戦の名将の指導論にはビジネスのヒントがある!

これらのコピーが、表紙や帯に並んでいる。

世の中には、ビジネス本と呼ばれるものが
たくさん出版されている。

そこで、ひとつの切り口が
「野球」+「甲子園(高校野球)」+「名将」だったのだろう。

野村克也の本が、組織論やビジネス本として売れていることも
この本の企画のヒントになっているかもしれない。

そんなことは、どうでもよくて・・・。

その名将として取りあげられているのが
小倉 全由(日大三)
我喜屋 優(興 南)
佐々木 洋(花巻東)
斎藤 智也(聖光学院)
中井 哲之(広 陵)
仲井 宗基(光星学院)
百埼 敏克(佐賀北)


ほら、もう・・・!

私は、野球が大好きだ!
(ある意味、野球バカである!?)
そのなかでも、高校野球=甲子園は
大好物なのだ!!!

資料本のことは、すっかり忘れて
この本を手に取り、レジへ。


元高校球児の若手サラリーマンを主人公に展開させて
そこに、高校野球の名将への取材を通して得られた
考え方や取り組みを重ね合わせていくという構成である。

「結果を出せる人、勝てる組織とは」を中心に
社会で通用する「ヒューマンスキル」や「人間力」について
書かれている。


この本の「はじめに」の1行目が
野球バカで、スキルも資格がなくても結果は出せる!

たしかに、スキルや資格の前に「人間力」だと思う。
その順番を間違えている人は、いるかもね!?


以下、本書からの抜粋。

一生懸命やる好感の持てるチームだとスタンドに印象づけられれば、自然と拍手がもらえるようになる。
〜(略)〜 甲子園では、『なんでウチがこんなに応援されるんだ?』というぐらいの声援で
パワーが出ました。(佐賀北)

  (そう、私は佐賀北の、広陵との決勝戦を甲子園球場で見ていた。
   リードを許している展開で、もう広陵の優勝かと思える終盤でも
   佐賀北の応援は、それは、物凄かった!!)


人の義理とか恩を感じられる子がいたら、その子は変われると思います。
でも、人のあたたかさとかぬくもり、ありがたさを感じられないような子は、
絶対に変われないと思いますよ。(広陵)

<人にかけるもの>
時間をかける
いい言葉をかける
期待をかける
負荷をかける
<人に与えるもの>
環境を与える
責任を与える
夢を与える
愛情を与える  (花巻東)

自分たちが限界を決めてしまうんじゃないかと。
でも、挑戦していると、壁というものは別にあるわけじゃなくて自分がつくるもの。
何もないんです。(佐賀北)

かわいがられるには、やっぱり一生懸命にやること。
監督が見ていようと見ていまいと、陰ひなたなく自分が決めたら一生懸命やる。
そんな人間ですよね。何でも自分に返ってくると思ってやる。
いいあいさつをしたら相手もいいあいさつをしてくれる〜(日大三)


などなど。

新人社会人やプロジェクトなどで初めてリーダーを任された若手には
いい本だと思う。


そして、ちょっと人間力に自信がない人や
高校野球好きの人には、いいかもよ!?


でも、私には資料本が・・・・。
また、本屋へ行かなくては。





a0206939_21411365.jpg


by sdkmi | 2013-05-27 21:51
2013年 05月 26日

錦糸町で、復興支援。



ちょいと野暮用があって、朝から錦糸町へ。

すると、錦糸町駅前(南口)で何かやっている。
近寄ってみると、「福島復興支援物産展」だった。

地元・墨田区の本所法人会が行っているようだ。
聞けば、昨日(5月25日・土)と今日(26日・日)の
2日間の開催とのこと。

福島の企業(お店)が、数店出店していた。

私がそこにいたのが、午前10時頃。
ちょうど、「ニクメンチカツ」が揚がったところだった。
とてもいいにおいがして、つい、並んで
揚げたてを買ってしまった。

すると
「お買い上げいただいた感謝で
 本日の日本ダービーの単勝100円券(勝ち馬投票券)の
 プレゼントです。どの馬の単勝かは、引いてのお楽しみです」と。

箱のなかの単勝券を1枚取った。
「15番:フラムドグロワール」だった。


このように、ついつい、次々と買ってしまった。

「ニクメンチカツ」に続いて、
「牛串」「うに貝焼き」、
そして、日本酒「純米大吟醸 亀の尾」と微発泡酒「ぷちぷち」。
この「ぷちぷち」は、2009年のグラミー賞のパーティー酒に
選ばれたそうだ。
さらに、「じゅうねんみそ 辛口」と「きゅうり3本」。
「じゅうねん」は、エゴマの俗称。
このみそをつけて食べるために、
一緒に売られていた、販売されている方の畑で獲れた「きゅうり」も購入。


どれも、いずれも、とてもおいしかった。
(あっ、日本酒は両方とも、まだ飲んでいない。
 でも、販売しているところで試飲があったので
 ほんの少し、飲ませてもらった。おいしかった)


で、単勝馬券は
*上記の「15番:フラムドグロワール」
*「2番:コディーノ」
*「4番:クラウンレガーロ」
*「8番:ロゴタイプ」

武豊が騎乗する「キズナ」を引ければ
もっと良かったと思ったのだが・・・。
(福島物産展に出会えたのは、縁。
 何かしら役に立てれば。絆を大切にしたいし・・・)


競馬だから、好き嫌いの人がいるだろうけど
「錦糸町」で「日本ダービー」の日なら
単勝馬券プレゼントは、とてもいい企画だと思う。


お店の人が
「当たりますように!」と言ってくれた。

私は、
「もし当たっても、それは運を引き寄せてくれたことになるので
 交換(換金)などせずに
 “幸運のお守り”として、一生大切にします」と。

当たらなくても、何かの縁のお守りかも・・・。

そしたら、お店の人たちが
「きっと、当たるよ!」と言ってくれた。


たわいない会話だけど
何か、今日は気分がいい日になった。

復興支援といえるものではないけれど
少しは、役に立っただろうか・・・。

逆に、励まされたというか
いい気分にさせてもらったようで。
もうしわけない。



さぁ、今日は「日本ダービー」。
自分で購入する馬券は、これから。

なんか、もらった単勝馬券の馬に
キズナを加えるだけでもいいかと思えてきた。


今日は、17時まで開催されるようなので
錦糸町へ行く用事がある方や
東京スカイツリーに出かける予定の人は
立ち寄ってみて。



a0206939_13193865.jpg

左から、「ニクメンチ」と「うに貝焼き」
「きゅうり」「微発泡酒ぷちぷち」「じゅうねんみそ 辛口」
「純米大吟醸 亀の尾」「牛串」
そして、プレゼントの日本ダービー「単勝馬券」

by sdkmi | 2013-05-26 13:26