人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 07月 31日

まさにドリーム! お宝GET!!!


昨日(7月29日)、お得意様のご招待で
東京ドームで行われた
『サントリー ドリームマッチ2013』を観戦!

東京ドームでは、3年ぶりの開催であった。
(2011年は中止、2012年は東北で開催)

そう、大沢親分の時代から
5回ほど観戦させてもらっている。
本当に、お世話になっている。感謝である。


そして、今回、なんと!
お宝をゲットした。

a0206939_1181522.jpg






桑田が、手でこねて、投げ込んだボールが
広澤のファールによって、飛んできた!

ナイスキャッチ!!!!


あの桑田が投げたボールだ!
(悪いが、広澤は・・・。私を狙って打ったことには
 感謝している)


私が大好きな投手のベスト3は、
江夏、江川、桑田。
(誰が何といおうと、何かがあろうがなかろうが
 断然、投手としては素晴らしい。
 この件では、抗議も、文句も受け付けない!!!)


あぁ、なんという幸運!
私にとっては、まさに、ドリーム!

家宝である!?



もちろん、試合も楽しかった。

張本勲GMと山本浩二監督の「ザ・プレミアム・モルツ球団」と
田尾安志監督率いる「東北・ジャパンヒーローズ」の夢の球宴。

あの伝説の再戦となる、槙原とバース、掛布、岡田の対決。
お約束の、佐野慈紀の「ピッカリ投法&ピッカリ牽制」など
往年の名選手が、最高で、楽しいパフォーマンスを展開してくれた。

まさに、ドリームマッチだ。



また、来年も観戦できますように!!!

※文章の都合上、敬称略に。
 名選手だったOBの方々には失礼であることは
 承知している。お許しを。




当日のゲストであり、始球式を行った榮倉奈々。
a0206939_1184090.jpg

a0206939_1175610.jpg



桑田 VS 掛布。この日の最速は桑田が記録した132km/hだったと思う。
a0206939_1173317.jpg


ショートの守備につく桑田。
2010年のドリームマッチでもショート桑田を見せてくれた。
a0206939_1172942.jpg



63歳の村田兆治は、現役当時と変わらぬ投球フォームが「かっけ〜!!!」。
しかも、球速は「じぇ、じぇ、じぇ〜!!!」の129km/h。凄すぎる。
a0206939_1165371.jpg

a0206939_1163552.jpg



あの伝説の対決の再現:その1〜バース vs 槙原
a0206939_1154435.jpg


あの伝説の対決の再現:その2〜掛布 vs 槙原
a0206939_1151283.jpg


あの伝説の対決の再現:その3〜岡田 vs 槙原
a0206939_114522.jpg



「SunTORY」の刻印が擦れてるボールと観戦ガイド
a0206939_1143238.jpg









<懺悔>
 実は・・・・・。
 私は、ファールボールをキャッチしていない。
 周りの人には、キャッチしたように見えたらしく
 歓声と拍手が贈られたので、キャッチしたことにしてしまった
 というか、させられてしまった。
 さらに、ファールボールごときをキャッチできないとなると
 私の輝かしい球歴(???)に、傷がついてしまう。
 まだ諦めていない「ドラフト指名」に影響が出ると・・・。
 (ただのアホです)

 真実を知りたい方は、お会いしたときに!
 (横取りとか、ズルとか、インチキは、していないので)

by sdkmi | 2013-07-31 01:31
2013年 07月 29日

暑くて、熱くて、HOTな日。〜高校野球と蒙古タンメン〜



今日は、全国高校野球選手権の
西東京大会決勝(神宮球場)へ行ってきた。

日大三VS日野は、5—0で
日大三が、3年連続16回目の優勝を飾った。

快進撃を続けてきた都立高校の日野と
大本命の日大三の対戦とあって
注目を集めたようで、試合開始前には
外野席が開放され、ほぼ満員状態になっていた。
(最終的には、満員になった)


ただ、日野は2安打に抑え込まれてしまい
チャンスが、まったくなかった。
そのため、「雨上がりの夜空に」が・・・。
残念だった。


でも、結果的には、日大三を一番苦しめた高校だった。

日大三は、準決勝まですべてコールド勝ち。
その5試合で、総得点が、なんと70得点!
(決勝を含めて、75得点、1試合平均12.5得点)


相手が、強過ぎた。
日野は、大健闘だった。
いいプレーもたくさんあったし・・・。


いつか、西東京を制して
あの甲子園で「雨上がりの夜空に」を響かせてほしい。

そのためには、野球部だけではなく
観客を巻き込めるパワーを応援団も
身につける必要があると思う。

ちょっと、応援が大人しいかな。
もっと、熱く、もっとエネルギッシュに
パワーをまき散らすぐらいの応援でいいと思うよ。
(もちろん、今日も一生懸命に応援してたよ)

応援団も、学校関係者も、OB・OGも
一緒になって、もっと、もっと、熱くなって、戦わないとね。


私が、甲子園で観戦した2007年(第89回大会)の
決勝戦「広陵 VS 佐賀北」は、前評判も、その時の試合も
広陵が圧倒的に有利だったが、佐賀北の応援は、そりゃ凄かった。

それに巻き込まれるように、徐々に、徐々に
甲子園の観客のほとんどが、いつの間にか
佐賀北を応援するようになった。
そして、あの大逆転での優勝だった。


応援のパワーは、絶大な力を生み出す!?


日野は、また、がんばろう。

日大三は、夏の甲子園で、
3度目の優勝を目指して!!!



暑い神宮球場で
高校生たちの熱いプレーを観戦したあとに
なぜか、HOTなモノを食べてしまった。


蒙古タンメン中本で「蒙古タンメン(辛さ度:5)」を
食べた。


おぉ、HOT!!!
辛いけど、味わいはある。


でも、私には「辛さ度:5」が、限界かも!?

カラダの中から、熱くなって
この暑さに、勝てそうな気になった!?



暑くて、熱くて、HOTな、1日だった。




試合開始前から、内野席はもちろん、外野席もかなりの入りである!
a0206939_0243218.jpg




試合開始の、両チーム整列&あいさつ。
a0206939_0235813.jpg



試合終了後の表彰式。
最後まで、しっかり見て帰る。これが高校野球観戦の私のルールだ。
a0206939_0244731.jpg




蒙古タンメン初体験! 暑い日に、刺激がHOTな食べ物はいいかもよ!?
a0206939_0251094.jpg


by sdkmi | 2013-07-29 00:38
2013年 07月 22日

東東京大会と亀戸餃子



毎年恒例の「全国高校野球選手権大会」の
地方予選観戦に行ってきた。


神宮球場で行われた東東京大会の準々決勝だ。
第1試合の「錦城学園VS 修徳」は、0−7で
修徳の7回コールド勝ち。

a0206939_0185997.jpg





第2試合は「二松学舎大付 VS 城東」。
3−0で、二松学舎大付が勝った。

a0206939_021740.jpg





葛飾生まれで、都立高校卒のオイラは、当然
葛飾の修徳を応援し、都立の城東を応援!!!

修徳は、強豪校であり、
城東も都立でありながら、甲子園出場2回の高校だ。

城東は、残念だったが、
「成立学園(昨年の代表校)」「堀越」「日体荏原」と
強豪私立校を連破しての快進撃だった。
(というか、城東は実力校だから当然か!?)


そうそう、都立校では「江戸川」が残っている。
こちらも、「安田学園(今年の選抜出場校)」や「東亜学園」という
強い私立校を破って勝ち進んでいる。

この江戸川高校は、
元プロ野球選手で、社会科の先生である伊達昌司さんが
野球部のコーチをしていることが大きいと思う。

江戸川は、明日、ベスト4をかけた試合にのぞむ。
がんばってほしい。



この暑さの中での観戦後は、
カラダを冷やし、栄養補給をしなくてはならない。

ということで、下町へ。
(というか、家の方向に戻っただけだけどね)


a0206939_0215472.jpg



亀戸の「亀戸餃子 本店」で
ビールと餃子で、ひと息ついた。


ここは、有名な餃子屋さんなので
知っている人が多いと思うが
メニューは、餃子とドリンクのみ。
ごはんもないので、餃子を食べながら、飲むしかない。

餃子は、小ぶりで、あっさりした味付けなので
好き嫌いなく、食べやすい美味しさだ。

そして、カラシ。
餃子のつけダレ用のお皿には、カラシがついてくる。
そこに、醤油とラー油、お酢を注ぎ
カラシをそこに溶いたり、餃子につけたりして食べる。

餃子自体も美味しいのだが
このカラシがポイントでもあり、なかなか美味しいのだ。



東京・下町の学校を応援し、
下町の有名なお店でしめる!!!


いい一日だった。
ごちそうさん!!!



※あっ、選挙ね。行ったよ。

by sdkmi | 2013-07-22 00:28
2013年 07月 15日

水陸両用バス「SKY Duck」



a0206939_17491875.jpg




今年の春先から、風変わり(?)なバスが
家の近所を走り出していた。

なんか、水陸両用バスのようだなぁ〜と。

ネット検索をしたら
「SKY Duck(スカイダック)」という
日の丸自動車興業が、3月から運行している
水陸両用の観光バスだった。


春先で、まだ寒かったからか
知られていなかったからか
ほとんど乗客はいなかった。


しかし、ゴールデンウイークの前に
連休情報のひとつとして
テレビや雑誌で、かなり紹介されたこともあって
人気になったようである。

いまでは、予約でいっぱいで
カンタンに乗れないらしい。


たしかに、家の近所を走っている
「SKY Duck」は、休日はもちろん、平日でも、
ほとんど満席だ。


この気温だから、ますます人気なのだろう。


コースは、2種類ある。
「東京スカイツリー」から出発するコース(100分)と
「亀戸梅屋敷」から出発するコース(70分)だ。


いずれも、「旧中川・川の駅」から
中川に、ドッボッ〜ン!!


「旧中川・川の駅」は、江東区の「中川船番所資料館」の隣に
新設された施設である。
ここで、休憩したり、お土産も買えるようになっている。

(船番所:江戸時代に小名木川の中川口に設置されていた
     関所「中川番所」。その資料等を展示しているのが
     「中川船番所資料館」である。
     ちなみに、小名木川は、徳川家康がつくらせた運河。
     たしか、NHK「ブラタモリ」で、船(クルーザー?)で
     中川番所から、小名木川をのぼっていた)


なんと、6月からは、水上運航のみの乗車が
可能になっている。

「旧中川・川の駅」から乗って
川の中だけを楽しむことができるようだ。


でもね、せっかくの水陸両用だから
道路と川の中の、両方を楽しまないと
意味がないように思うのだが、いかがだろうか?


そんなこと言っている私だが、
もちろん、まだ乗っていない。


「いつ、乗るか?」
「今でしょ!」といきたいところだが
残念ながら、乗る予定はない。


寒くなると、たぶん
ガラガラになるだろうから
秋から冬にかけて乗ろうかと!?
(もしかして、その頃は運休期間(?)かもね)



東京下町の散策のひとつに「SKY Duck」は
いいかもね。

これも、スカイツリー効果なんだろうな。

でもね、東京下町といったら
少し前までは葛飾・柴又だった。

葛飾・柴又も忘れないでね。
(江戸川の水で、産湯をつかった
 葛飾生まれの私からのお願い)




川の中を、スイスイと走る「SKY Duck」。
a0206939_174956100.jpg




さぁ、上陸へ!
a0206939_17495815.jpg

a0206939_1751386.jpg



陸へ上がったてきた「SKY Duck」。
a0206939_17512118.jpg


ちょっと、ピンぼけだ。運転手さんが二人いる!?
バスの運転手さんと船の船長さんかな。免許は別だもんね。
a0206939_17515114.jpg



休憩所となる「旧中川・川の駅」。

a0206939_17521079.jpg


そのなかには、足湯もある。
a0206939_1752129.jpg



出発準備完了。乗客を乗せて、道路へ!
a0206939_17522971.jpg


by sdkmi | 2013-07-15 18:21
2013年 07月 12日

初! 鹿児島!!  あれ、桜島。これ、ラーメン。



先日、仕事で鹿児島へ行った。
初めての鹿児島である。
(九州で、行ったことがあったのは、福岡と佐賀、長崎だ)


鹿児島空港まで、関係者の方が迎えにきてくれた。

ちょうど、お昼時だったので
目的地に向かう途中で、昼食をとることに。


「本当は、鹿児島の黒豚トンカツを
 食べてもらいたいのですが、
 約束の時間まで、あまり余裕がないので
 ラーメンでいいですか?」と。


ラーメンは、大歓迎である。
ちょうど、2週間前ぐらいから、ラーメンが無性に食べたいと
思っていて、なぜか、食べられずにいた。


で、案内されたのが
鹿児島でおいしいといわれているラーメン店。

店の前に、のぼりが立っていて
そこには
「九州ラーメン総選挙 第1位の店」と書かれていた。

(たぶん、2002年の「九州ラーメン総選挙」だと・・・?
 何年か、総選挙が行われているようなので「第1位の店」は
 他にもあるような・・・)

その店は、『暖暮(だんぼ)』。

東京でも有名な、その他の九州のラーメン店を抑えて
第1位になっているではないか。

私が「鹿児島ラーメンが、福岡に勝ったんですか?」と聞くと
「暖暮は、残念ながら本店は福岡です」との答え。
しかし、鹿児島でもおいしいと評判のお店だそうだ。

オヤジの私には、トンコツは厳しいかと思ったが
食べてみると、「コクがあって、あっさりしている」。
おいしい!

この「コクがあって、あっさりしている」という表現は
ヘンだなと以前から思っていたのだが、
ヘンではなかった。
背油入りのラーメンにしたのに、しつこくないし、臭みもほとんどない。
(背油入りは、地元の方のおすすめだったので)

ちょっと、トンコツは避けようと思っている人にも、
おすすめのラーメンかもしれない。
(東京:池袋西口店/神奈川:川崎仲見世通店があるので
 お近くの方は、食べてみて。責任は負いませんが!)

a0206939_2263191.jpg




そして、仕事が終わった時に、関係者の方が
「帰りの飛行機まで、時間はありますか?」と
聞かれたので、「あります」と答えたら
「せっかく、鹿児島まで来たんですから
 ぜひ、桜島を見てください」と案内してくれた。
(なにせ、日帰りですから!)


鹿児島市内のフェリー乗り場から、約15分。

錦江湾をぐるっと回って、大隅半島へ行くより
大正時代の噴火で、大隅半島とつながった桜島経由で
大隅半島に行く方が、断然速いらしく、
フェリーは、住民の足になっているという。

そのため、フェリーは24時間運航。
夜の錦江湾や市街地の夜景は、また魅力的とのことだ!


フェリー乗り場に行くまでは
「今日は、桜島の噴火は、おとなしいですね」と
関係者の方がいっていた。


しかし、フェリーに乗ったら、噴火の勢いが増してきた。

どんどん、噴煙が!!!
きっと、私を歓迎してくれているのだろう!?


世界でも、有数の活火山といわれている「桜島」。
市街地からも近く、島内にも約5,000人が生活しているという。

桜島は、思っていたよりも大きく
やはり、活火山であるから、猛々しい。

静かな錦江湾と桜島は、対照的でもあり、
調和のとれた自然景観なのかもしれない。


忙しいなか、桜島へ案内していただけたので
この景色を見ることができた。
感謝である。


そうそう、火山灰の影響で
鹿児島は、コインランドリーが
あちこちに、そこかしこにあるとのこと。
その数は、「日本一かも!?」といっていた。

風向きによって、火山灰が市内にやって来る。
その量は、半端ではないらしい。

火山灰の処理も大変で
火山灰集め用の、専用ゴミ袋が各家庭に配布されるとのこと。
そして、火山灰専用の集積場(処理場?)があるとのことだ。



短い時間ではあったが、鹿児島を楽しめた。
「黒豚トンカツ」を食べ損なったので
もう一度、鹿児島へ食べに行かなければ、ならない!?

誰か、鹿児島行きの仕事を私にください。
よろしく!!!





フェリー乗り場から見た桜島。
そして、フェリーが近づくごとに噴煙の量が増していく!
a0206939_2264880.jpg


a0206939_2272915.jpg


a0206939_2275219.jpg


a0206939_2281042.jpg


a0206939_2282710.jpg



桜島の「湯之平展望所」から見た桜島。噴煙の勢いが!
a0206939_228426.jpg


a0206939_228502.jpg


a0206939_2285352.jpg


by sdkmi | 2013-07-12 22:20
2013年 07月 12日

スパークリング「にごり酒」



いま、人気の日本酒のひとつになっている「獺祭」。

その獺祭には、まるでスパークリングワインのような
シュワ、シュワとした爽快感のある飲み口で
人気になっている
「獺祭 発砲にごり酒」という酒もある。

純米大吟醸をベースに
瓶内二次発酵をさせているという。


なんか、暑くてたまらん毎日が続いているから
その爽やかさが良さそうなので、購入。


ただの、スパークリングではなく
「にごり酒」というところにも惹かれる。


冷蔵庫で、冷やして
今晩!!!


(やっと、見つけて買えた)

a0206939_17335639.jpg


by sdkmi | 2013-07-12 17:36
2013年 07月 10日

四万六千日 ほおずき市



今日、打ち合わせ後に、ちょっと時間をつくって
浅草寺へ。

7月10日(今日)は、「四万六千日」とよばれ
ご利益が46,000日分(約126年分)に相当する功徳日である。
(9日と10日の2日間が「四万六千日」の縁日となっている)


今日、1日の参拝で
なんと、約126年分のご利益!

オヤジのオイラは、永くても、あと20〜30年ぐらいの
寿命しか残っていないだろうから、
そんなに永くは、いらないのだが・・・。


でも、ご利益は、うれしいものである。


浅草寺で、しっかりとお参りをしたあとに
「四万六千日」の縁日である「ほおずき市」へ。

境内にほおずきの露店がたくさん出ている。


先日の「入谷 朝顔市」と同様に
どの店で購入したらいいのかわからないので
わかりやすく、ちゃんと親切に説明してくれた店で購入した。


ほおずきを購入すると
風鈴がサービスでついてきた。


まぁ、風流というか、風情のモノだから
夏の風鈴なのだろう。


そういえば、オイラは子どもの頃に
「ほおずき笛」で、ギューッ、ギューッ、ブゥォ〜と
カエルの鳴き声というか、何だかわからない音を
鳴らして遊んだ思い出が甦ってきた!

久しぶりに、「ほおずき笛」でも、やってみようかと。



そして、遅めの昼食として、浅草で
「もんじゃ」「お好み焼き」「焼きそば」を食べた。

「もんじゃ」は、月島が有名になっているが
焼き方は、場所によって違う。

浅草は、土手をつくらずに焼く。
月島は、土手をつくって焼く。


今回は、浅草だから、土手をつくらずに焼いて
食べた。

久しぶりの「もんじゃ」だったが
おいしいお店だった。


今でこそ、「もんじゃ」であるが
昔は、子どものおやつ的な食べ物だった。
そんな「もんじゃ」が、進化したのが今風である。

下町にも「東京お好み焼き」があるので
大人は、本当は「もんじゃ」ではなく「お好み」を食べるのだが・・・。


なぜか、「東京=もんじゃ」になっているのは???
という気持ちもないではない。
どうでもいいけどね。
(下町オヤジの、つぶやきだ)


今年は、久しぶりに「朝顔市」「ほおずき市」と
東京下町の夏の風情を、ちょっとだけ楽しめた。


つぎは、隅田川の花火か!?



そう、そして、皆さまにも、日本全国にも
ご利益を!!!





a0206939_22253640.jpg

浅草寺(せんそうじ)の本堂前にある「宝蔵門」。「雷門」ではないので。



a0206939_2226180.jpg

境内のほおずきの露店

a0206939_22262692.jpg

購入したほおずき。サービスの赤い風鈴と一緒に。

by sdkmi | 2013-07-10 22:37
2013年 07月 06日

入谷の朝顔市



本日初日の「入谷 朝顔市」に行ってきた。

本当は、夕方から夜にかけての方が
少しは涼しくなるのだろうが
ちょっと、野暮用があるので
午後早めに出かけた。

まず、入谷の鬼子母神にお参り。

朝顔を育てるのが、ちょっと、という人には
朝顔のカタチをしたお守りもある。



<入谷鬼子母神。江戸の三大鬼子母神のひとつだそうだ。>
a0206939_17411188.jpg




お参りの次は、朝顔の購入へ。

縁日なので、屋台の誘惑もあるなか
たくさんの朝顔屋さんが出ているので
どこで買ったらいいのやら!?


<こんな感じで、ずらっと朝顔屋さんが、言問通りとその脇道に並ぶ。
 もちろん、縁日の屋台もたくさん出ている。>
a0206939_17403173.jpg







朝顔市なので、西洋朝顔や琉球朝顔など
いろいろな朝顔が売られている。

しかし、せっかくだから、江戸時代からの「入谷朝顔」だろう。

また、支えもプラスティック製はNGだ!!!
やっぱ、本物の竹製でしょ!!!
風情を楽しむものだから、ゆずれない。


と、ブラブラしながら、やさしく、きちんと
説明してくれたところで購入することに。


4種類(4色)で、1鉢のセットになっている。
その組み合わせ違いで、5〜6パターンがある。

<4種類セットのパターンを、写真を見ながら選ぶ。>
a0206939_17413061.jpg



私が選んだのは
「暁の錦」「浜の銀河」「南海スカイブルー」「平安の輝」のセット。


さあ、明日の朝は、何色の朝顔が咲くのだろうか?

夏の朝のちょっとした楽しみが、はじまる!
(「あまちゃん」に、この朝顔が加わる!?)



<これが、私が購入した朝顔。支えは竹製>
a0206939_17412149.jpg


by sdkmi | 2013-07-06 17:59