人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 08日

赤い日本酒



飛行機に乗っていたときに
機内誌を読んでいたら、
京都観光が特集されていた。

それは、京都市内を中心にしたものではなく
丹後半島の観光案内だった。


私は、丹後半島というと天橋立に行ったことがあるぐらいで・・・。


でも、気になっていた場所がある。

それは、「伊根の舟屋」だ。


伊根町は、舟屋の町並みで有名だ。

海辺ぎりぎりに建ち並ぶ舟屋は、
1階が舟の格納庫というかガレージになっており、
漁具などの物置場としても使われている。
そして、2階が住居になっている。
平成17年に、漁村では全国初となる国の
「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている町並みである。

民宿として利用されている舟屋もある。

機会があれば、泊まってみたいと思う。


a0206939_23522392.jpg

         伊根町観光協会HP内「写真館」より。提供フリー画像「伊根の春:舟屋と桜」






その機内誌で紹介されていた
日本酒に目がとまった。

「赤い日本酒」・・・。

古代米・赤米酒『伊根満開』という日本酒。

伊根町の向井酒造でつくられているお酒だ。
しかも、全国でもまだ数少ない女性杜氏によって
つくられている日本酒。

鮮やかな、古代米の赤色。
甘酸っぱさと米の風味が感じられる
ロゼワインのような爽やかなのどごしが魅力だという。


キンキンに冷やして、ロックで。
冷やで、お燗で。
ソーダで割っても、いいらしい。


ということで、さっそく注文した。


届いたお酒は、本当に赤い。

古代米に含まれるアントシアニン色素によって
赤くなるらしい。
このアントシアニンは
人間の目の動きを良くする効果があるらしい。

カラダに良さそうなお酒なのか。



暑い日が続いているので
キンキンに冷やして、ロックで飲んだ。


うん、雰囲気で飲むお酒かな!?

好き嫌いは、分かれるかもしれない。


この色合いや、古代米、健康志向などで
女性には、人気があるかも。



伊根の舟屋で飲むと
もっと、おいしいのかな・・・。


a0206939_23522095.jpg

「天皇、皇后両陛下にお買い上げいただいた清酒です」と紹介されている
向井酒造の『伊根満開』。

by sdkmi | 2013-08-08 00:00