人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 07日

人気らしい!? 深海魚グルメ(そして、イチゴ!)



1〜2カ月前の話だが・・・。
静岡県沼津市に出かけたときのこと。

事前に、ネットで調べたところ
「沼津ぐるめ街道」というところがあった。
東名沼津インター出口から約3000mにわたって、
飲食店やお土産屋がならんでいる道路があるらしい。

当初は、そこで昼食をとる予定にしていたのだが・・・。

途中、地元の人と話をしていたら
「『ぐるめ街道』もいいけど、
 いまは、港にある深海魚の水族館周辺の方が
 人気があって、いいかも」というアドバイスを受けた。


深海魚ねぇ。
ダイオウイカやリュウグウノツカイなど
テレビで取り上げられているし
日本一の富士山とともに
日本一深い湾である駿河湾がある静岡県ということで
深海魚を選んで、沼津港へ!!!


沼津港に着き、沼津港深海水族館を探してみると
すぐに見つけることができた。

しかも、水族館を含む一角が
地元の人に教えてもらった「港八十三番地」であった。

ここは、静岡や駿河湾の食材を
気軽においしく味わえるところとして
また、観光客だけではなく
地元の人々が集える場所にしたいということで
「港八十三番地」という住所を名前にしたそうだ。


回転寿司屋さんや海鮮丼の店
浜焼きの店、漁師天ぷらの店
ハンバーガーショップやカフェなど
飲食店と海産物のお土産屋で構成されている。


沼津港で水揚げされた魚介類を
自分で焼いて食べる浜焼きの店に
「浜焼き定食」というのがあったので
それを食べることにした。

で、お店の人に「この定食の魚は、なんですか?」と
聞いたところ、「深海魚です」と!

デン、メヒカリ、メギス、深海エビの4品に
ご飯、みそ汁、漬物、小鉢のセットで定食に!
みそ汁は、「あら汁」か「あおさ」から選べるとのことで
「あら汁」にした。


「深海魚は、身が柔らかいので
 頻繁に返していると、身が崩れます」と
店員さんから焼き方のアドバイスをもらった。

たしかに、焼き具合をみようと
トングでつかむと身が崩れそうになる。


で、深海魚の味というと
淡白で、あっさりとして、軽い感じで
とても食べやすく、おいしい。


深海魚という珍しさと
自分で焼いて食べるという楽しさは
なかなかである。


この店以外にも、沼津では深海魚を
いろいろ楽しめるらしい。
刺身や寿司、から揚げなど、
深海魚三昧を堪能できるそうだ。

深海魚に興味がある方は、ぜひ!

そういえば、テレビや雑誌でも
深海魚は取り上げられていて
いまや、ちょっとした
「深海魚グルメ」ブームだそうだ。



「ところで、深海水族館はどうした?」
そのような声が聞こえてきそうだが
実は、深海魚は食べるだけだった。

その頃は、ちょうど「イチゴ狩り」の季節で
そちらへの移動時間を考えると
水族館に割ける時間がなかった!?

機会があったら、次こそ深海水族館!


無念(?)を感じながら、人生初の「イチゴ狩り」へ!
なんだか、とても楽しかった。
イチゴも、本当においしかった。


大満足な1日でした。

そう、地元の人と話して
情報を得ることも重要!
旅は、コミュニケーションだと再認識した。





a0206939_104053.jpg

深海魚は左からデン、メギス、深海エビ、メヒカリ
網の上は、プチ贅沢で追加したホタテ、サザエ、はまぐり


a0206939_114823.jpg

a0206939_111467.jpg

真っ赤に熟したイチゴ。しゃがまずに立ったままでイチゴが取れるように
通路は広さを確保し、シートを敷くなどして、車イスでもOK。
バリアフリーなのだそうだ。

by sdkmi | 2017-06-07 01:19