人気ブログランキング |

本日も「まっ、いいか」

dtohyaji.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2018年 05月 31日

あぁ、半馬身! でも、ね。



日本ダービー(東京優駿)のゴール直前に
「あぁ、・・・・・・・。」

エポカドーロは、差された。

その差、半馬身(1/2馬身)で
ダービーの勝利を逃した。

残念だけど、悔しいけれど
しょうがない。
大健闘の2着だ!


クラシック第一弾の皐月賞を制したのに
評論家や記者たちの低すぎる評価。
いうなれば、3歳戦のチャンピオン(?)として
クラシック第二弾となる日本ダービーへの出走である。

そう、皐月賞を勝った時も
某TV局は「依怙贔屓&忖度」的な
放送を続けて、エポカドーロを無視。
まともに、評価もしなかった。

今回もダービー発走前の放送は、酷いものだった。
エポカドーロを軽く扱っていたというか
ろくに扱いもしないという状態だった。

しかし、NHKは
しっかりと「皐月賞馬」として扱い
紹介をしてくれた。
これが、常識であり、普通だと思う。

そして、2着とはいえ
低評価を吹き飛ばす(覆す)
激走にスカッとした!

どんなモンじゃい!
舐めるな! 皐月賞馬を!!!


で、優勝馬はワグネリアン。
騎手・福永祐一が
念願のダービージョッキーとなった。

天才と言われた父・福永洋一。
落馬事故で、若くして騎手引退となったこともあり
ダービーは勝っていない。

そして、息子の祐一騎手もチャンスがありながら
ダービーを勝てないでいた。
「福永は、ダービーを勝てないのでは」と言われるほど。

本人も勝利インタビューの時に
「もう、ダービーは勝てないかもと思っていた」と。
そして「ダービーは、福永家の悲願でしたから」と。

感極まって、男泣きする姿をみていたら
「よかった、よかった」と感動している自分がいた。

エポカドーロは、負けたけど
その相手が、福永騎手ならいいかと。
(ダービー騎乗19回目にして掴んだ栄光だから。
 そして、エポカドーロの2戦目の未勝利戦を
 勝たせてくれたのが、福永騎手だから。
 なにげに、縁もあるんだな)


エポカドーロの主戦騎手・戸崎圭太も
ゴール後に、福永騎手を祝福していたし
エポカドーロの藤原調教師も検量室に戻ってきた
福永騎手を真っ先に、祝福していた。

いい人たちではないか。
エポカドーロは、このような人たちが
関わってくれている幸せな馬である。



クラシックの皐月賞優勝。
そして、日本ダービーは2着。

その後、評論家や記者の中には
「エポカドーロは、強い」と
やっとであるが認める人が増えてきた。

現状の3歳馬では、トップクラスの馬であることは
間違いない!!!
(もしかしたら、イ・チ・バ・ン!?)

自分でレースをつくれる。
右回りも、左回りも関係なく
重馬場も、良馬場も不問。
競馬場も選ばず、長距離輸送もクリアする。
勝負根性も、スピードもある。


ある雑誌の発売予告では
「怪物の仔は、怪物。」という見出しがあった。
(実際、発売された時は、見出しは変更されていたが・・・)

そうなってほしいし
なるかもよ!? なれるかもよ!?

夏はゆっくり休んで、秋へ!

秋の初戦は、神戸新聞杯(G2)。
そして、クラシック第三弾の
菊花賞(G1)をめざす予定と
発表されている。


さてさて、どんなレースを見せてくれるだろうか。

もう、秋が待てない!
秋よ、早く来い!?

ということで
エポカドーロに、ご期待ください!


※日本ダービーの時、パドックに出る前の
 装鞍所でエポカドーロは、暴れたらしい。
 藤原調教師の判断で、誘導馬を隣につけて
 落ち着かせるという、ひと工夫によって
 アクシデントを未然に防ぐ対応。
 他の馬に迷惑をかけることなく
 そして、馬の力を引き出してくれた。
 藤原調教師や厩舎スタッフは、流石!
 (おとなしいと思っていたエポカドーロだが
 やっぱり、父・オルフェーヴルの血統である)






会員向けにユニオンオーナーズクラブが作成した
エポカドーロの「皐月賞 優勝記念 メモリアル・クオカード」
(ユニオンオーナーズクラブのオリジナル記念グッズ)

a0206939_22144054.jpg

a0206939_22145671.jpg

a0206939_22151121.jpg


by sdkmi | 2018-05-31 22:43
2018年 05月 24日

いざ、二冠 & 平成最後のダービー馬へ!



さぁ、ついに
第85回 日本ダービー(東京優駿)である。

2015年生まれの6955頭の頂点へ!

しかも、今年は
平成最後のダービーとなる。

私が一口オーナーとなっている
エポカドーロは、皐月賞馬。
そう、二冠をめざせる唯一の馬なのである。

父・オルフェーヴルとの
皐月賞の親子制覇に続いて
ダービーも親子制覇をめざして!

そして、その先は
三冠馬の父に続いて・・・・・・???


エポカドーロは
オルフェーヴルの初年度産駒であり
G1クラシックをものにした親孝行息子である。

そして、生産は、大牧場ではなく
新ひだか町の家族経営の牧場である。
(この点も、いいところなんだな。
 ロマンがあり、ストーリーがある)


そんな、エポカドーロは皐月賞馬でありながら
ダービーでの前評判が低い。

皐月賞は、「馬場や展開に恵まれた」だの
「強い馬が回避したからだ」とか
なんだかんだと言われている。

しかし、馬場状態や展開
そして、無事に出走できることなど
すべてを含めて、競馬である。
G1クラシックをとる必須条件である。

そこで、正々堂々と勝ち取ったのだ!!!

(某TV局が、皐月賞の中継で
 エポカドーロが優勝したにもかかわらず
 「依怙贔屓&忖度」的な放送をしていたけどね!)


ダービーも、「距離が長い(合わない)」とか
「強いのが出走してくる」とか
「コース適性が疑問」とか
「左回りが初めて」だとか・・・。


でもね、父・オルフェーヴルは
「金色の暴君」「暴れん坊将軍」「狂気の馬」
「怪物」といった数々の異名持つ馬だよ。
オルフェーヴルの血の覚醒が!

その破天荒な血が爆発し
母・ダイワパッションのスピードで加速する!
そう、ゾーンに入るかもよ!?

父とは違い、冷静な走りをしながらも
勝負根性は、しっかりと受け継いでいる。
自分でレースをつくれる走りは
断然有利である(はず!?)。



2018年5月27日(日)
東京競馬場 10R(15:40発送予定)

エポカドーロは
6枠 12番から出走する。

絶好調の名トレーナー・藤原調教師は
「大舞台に向けて順調。勝つだけの器はある。
 あとは、運があるかどうか」と
 インタビューに答えている。

クラシックを1つ勝つだけでも、大変なこと。
そして「日本ダービー」は、日本で一番のレース。
関係者のすべてが、目標にしているレース。
その舞台に、駒を進めるだけでも、簡単ではない。

運を引き寄せられるように。
選ばれし、存在になれるように。

6955頭の頂点へ。
平成最後のダービー馬に!
親子二冠制覇へ。

そして、無事に!

エポカドーロと出会えたことに感謝しながら
迎えるダービーである。
ありがとう。






a0206939_21303547.jpg

皐月賞優勝記念の「純金 三つ重杯」
もちろん、残念ながら、私のものにはならない
(写真提供:ユニオンオーナーズクラブ)


a0206939_21302143.jpg

絶叫とともに観戦していた皐月賞でのエポカドーロの走り
(写真提供:ユニオンオーナーズクラブ)

by sdkmi | 2018-05-24 21:47
2018年 05月 23日

名古屋の新旧まんじゅう



先日、名古屋へ取材で行った、その帰り。
名古屋駅のお土産屋さんにフラッと入ったら
なんか、変なのが!?


カッ、カエルぅ〜???

おぉ、カエルのまんじゅうではないか。
「ひよこ」があるから、カエルもあり???

で、それをつくっているのが
なんと、130年以上の歴史を持つ
「ういろう」の老舗として有名な青柳総本家である。

そういえば、最近の「ういろう」は
インスタ映えを意識した商品が、いろいろと
ラインアップしている。
その流れか???


で、売店のお姉さまに聞いたところ
「青柳総本家のお店のロゴマークは柳とカエル」とのことで
そこから、「カエルまんじゅう」が生まれたとのこと。

しかも、
「無事(旅行などから)カエル」や
「幸福カエル」という語呂合わせでの
意味が込められていると話してくれた。


ということで、いろいろ親切に話してくれたことと
珍しいので、カエルまんじゅうを購入した。


しかし、新しいものがいいとは限らない。
長く愛されている商品も無視できない。


そんなことを考えながら、ウロウロしていたら
伝統がありそうな「まんじゅう」が目に入った。


納屋橋饅頭万松庵の「納屋橋まんじゅう」というもの。
「これは、有名なのですか?」と尋ねたら
そこの売店のお姉さまが
「昔っから、名古屋のお土産として有名ですよ」と!

こちらは、100年以上の歴史ある納屋橋饅頭万松庵の
「納屋橋まんじゅう」。昔からの名古屋名物だそうだ。

甘さ控えめなこしあんと、ほのかに香る酒蒸しの薄皮。
とても、おいしい酒蒸しまんじゅうだった。
(「カエルまんじゅう」も、なかなかの味わい)


見た目で、「カエルまんじゅう」。
昔ながらのおいしさで「納屋橋まんじゅう」。

どちらも、好評で、喜ばれ
話のタネにもなるお土産だった。


「ういろう」だけじゃなかったのね。
失礼しました。





a0206939_21383689.jpg


愛嬌のあるカエルの顔の「まんじゅう」。こしあんと季節限定の「さくらあん」。
限定商品は、あんが、その時々で変わるとのこと。そして、「納屋橋まんじゅう」。

a0206939_21391283.jpg



カエルまんじゅう6個入り
a0206939_21385811.jpg


by sdkmi | 2018-05-23 21:54